Category Archives: Project

ビル倒壊の瞬間

大江戸鳥瞰図

大江戸鳥瞰図 
立川博章

1862年の江戸が、カラーの鳥観図で描かれ、都市の規模が実感として理解できる。
画像は、浅草・本所のページ。
建物が密集する江戸の中心部とその周囲に広がる田園と集落。

人口予測では2140年には、この時代の人口(日本の人口約3300万人)まで減少する。

未来都市の人口予測

Read more »

映画『エリジウム』に描かれた都市

メガグローバル企業のための超-超高層ビル計画案

hyper-high-buiding

小川

敷地南側を流れる小川。敷地より5mほどのレベル差がある。(11/24に投稿したものを、ブログの構成上を再録)

配置図

配置図

敷地周辺地図


大きな地図で見る

現場付近見取り図


大きな地図で見る

運搬ルート


大きな地図で見る石材の運搬ルートA:田口石材B:現場

上空からみた土場


大きな地図で見る田口石材

田口石材の土場

田口石材の土場に置かれている無数の石材。

土場での玄関の踏み石10.08.18

中津川市蛭川の田口石材の土場に置かれていたときの玄関踏み石にした石。事務所のスタッフと二人がけで、丸一日かけて土場にある無数の石のなかから、玄関踏み石におあつらえ向きのサイズと厚さの石を発見。

踏み石の設置10.09.07

踏み石の設置状況。クレーンが使える建て方前の9/7に、設置。

玄関踏み石10.09.07

玄関の踏み石。直径約3.5m。写真は設置時の様子。中津川は石の産地であるため、地元の石材会社のヤードからセレクトしたものを、安価に購入。加工後の端材としてヤードに残されていたものから、ぴったり今回の計画にあうサイズと形状の石を発見した。加工された石材は、中国産と比べて高いといわれている。石の値段は、おおよそ加工費できまってしまう。ただ、大型の石は、運賃はかかるものの、切断の回数が少ないだけ、加工費はかからない。そのため、運賃がかからない地元では安価に手に入れることができる。

リビング部断面図

リビング部分の断面図。切妻の下に、ボールト天井のリビングを埋め込む設計。

2Fからの眺め

2F子供室からの眺め。隣地の家の庭の緑がよく見える。

ディスプレイ上の1F平面図

夫婦と3人の子供たちための住宅。一階にリビング、夫のための書斎(パソコン室)、和室、浴室をレイアウト。既存事務所の和室は、ほとんど手をつけずに再利用している。アプリケーション:vectorworks.ディスプレイ:ナナオFlexScanS1731.OS:windows XP.CPU:intel core 2duo E8400.

子供室10.10.29.

10.10.29現在の子供室。檜の丸太が3本かかる。壁と天井には、杉板を貼る予定。

既存事務所平面図

増改築前の建物の平面図。すでに、一度増築が行われており、まず、左側(西側)の事務所が建設され、後に右側(東側)の和室部分が、付け加えられた。和室部は事務所部と比べて、150mmほど床レベルが高くなっている。敷地が、緩やかに西から東に向かって傾斜しているため、そうすることで、敷地の傾斜を吸収している。